NPO法人平塚らいてうの会
ホーム らいてうの会紹介 活動紹介 トピックス 紀  要 会員・維持会員
らいてう日記 らいてうの家紹介 利用案内 ニュース・通信 年  譜 グッズ書籍紹介
家へのアクセス 車の方 電車の方 周辺マップ イベント案内 平塚らいてう賞

若葉ようこそ らいてうの家 へ


らいてうの家 平塚らいてう
らいてうの家
(長野県あずまや高原)

特定非営利活動法人 平塚らいてうの会
住所  〒112-0002 東京都文京区小石川 5-10-20 5階
TEL&FAX  03-3818-8626 E-mail  raichou@nifty.com
振替口座  00150-9-553046 更新日  2024年6月12日
《事務所の開所時間 : 火・木・金曜日の11時から16時まで》
*紀要等の購入のお申し込みは、メールまたはファックスでお願いします。


4月27日(土)、今年も らいてうの家がオープンしました


 らいてうの家は冬期休館を終え、4月27日(土)、開館しました。オープニングセレモニーでは、上田市のお隣、東御市を中心に活動するコールエコーの皆さんのコーラスの後、平塚らいてうの会の三留弥生代表理事が館内展示「らいてうと博史―今日の視点で考える『新しい女』と『新しい男』」を案内し、らいてうの平和への思いを語りました。
 今年も皆様のご来館をお待ちしています。


開 館 日 2024年4月27日(土)〜10月28日(月)

※原則として毎週土・日・月曜及び団体来館予約日にオープン

開館時間 10:30〜16:00 ※入館は閉館の30分前までにお願いします。


※2024年度の催しのご案内は こちら 《お問い合わせは 平塚らいてうの会へ》


伴奏の西沢さち子さん コールエコーの皆さんによるコーラス 展示案内・三留弥生代表理事


〈声明〉らいてうのこころざしを生かし、ウクライナ・ガザ・世界に平和を(2024年5月25日)


 2024年5月25日、平塚らいてうの会は、第25回通常総会において、世界に戦争の脅威と不安が増大している中、らいてうのこころざしを生かし、一人ひとりが平和への発信を強め、連帯を広げるために行動することを呼びかけるという声明を採択し、公表しました。 → [全文はこちら]


(前略)らいてうはその生涯を通じて平和・協同・自然を愛し、女性の自立を願って行動しました。とりわけ戦後の新憲法が「家制度廃止」とともに「軍備撤廃、戦争放棄」を宣言したことに強く共鳴し、憲法9条に基づく「非武装・非交戦」、原水爆禁止、日米安保条約反対、軍事基地反対を訴え続けました。同時に、参政権を得た女性は日本と世界の戦争と平和に責任があることを強調し、そのことに将来への希望を見出してもいたのです。

 ウクライナ、ガザの惨状から、「軍事で紛争は解決できない」「戦争を起こしてはならない」ことは誰の目にも明らかです。日本政府は、悲惨な大戦の体験に基づき戦争放棄を宣言した憲法をもつ国として、ウクライナ、ガザへの軍事行動の停止、軍事ではなく外交による平和的解決、アジアと世界の平和のための道を積極的に提唱すべきです。(中略)

 武力で平和はつくれません。「戦争を起こしてはならない」―今、世界でも日本でも、軍事によらない平和、ジェンダー平等を求める新しい力が生まれています。こうした動きと力をあわせ、当会として、また会員一人ひとりが平和への発信を強め、草の根から連帯を広げるために行動することを、引き続き呼びかけます。

 2024年6月10日、平塚らいてうの会は、声明の趣旨である平和への発信を強める取組の一環として、長野県上田市のらいてうの家の前に、声明の主題を大きく記した看板を設置しました。このときの様子は、6月11日付の信濃毎日新聞でも報じられました。


ニュース第125号、らいてうの家通信70号を発行 (2024年4月)


平塚らいてうの会ニュース 第125号

・総会で語り合いましょう 平和をかちとるために

・らいてう講座(東京) 平塚らいてうと市川房枝が求めたものは今

・宮島満里子さん 逝く

・シリーズ らいてうの家ができるまで

らいてうの家通信70号

・らいてうの家 開館 オープニングセレモニー / 6月9日 森の講座案内



平塚らいてうの会紀要 第15号を発行 (2023年10月)


 紀要第15号には、らいてう講座で講師をしていただいた国立歴史民俗博物館 名誉教授 横山百合子さんの「近世〜近代日本における売春観の変容について」や、らいてう忌特別講座で講演していただいた茅ヶ崎ゆかりの人物館 運営アドバイザー 大島英夫さんの「『青鞜』と茅ヶ崎」などを掲載しています。
 お申し込みは、メールまたはファックスで平塚らいてうの会までお願いします。頒価 700円(会員は500円)で、送料及び振込手数料は御負担いただきます。


〔主な内容〕     *バックナンバーは [こちら] をご覧ください。

近世〜近代日本における売春観の変容について

『青鞜』と茅ヶ崎

らいてうと博史―今日の視点で考える「新しい女」と「新しい男」

「大正12年(1923年)日記断片」から見るらいてうと家族

戦禍の記憶―学徒動員と東京大空襲  ほか



平塚らいてう『戦後日記(1948-50)』『1929年日記』を公開 (2022年10月)


 平塚らいてうの会は、平塚らいてうの遺品のうち、日記や書簡等の肉筆資料の整理・解読作業を進めてきました。このたび新たに、2019年に公開した『戦後日記(1953-58)』の前段に当たる『戦後日記(1948-50)』と、戦前の『1929年日記』をデジタル化し、公開しました。平塚らいてうの会紀要第14号には、『戦後日記(1948-50)』『1929年日記』の解説と書き起こしを掲載しています。


『戦後日記(1948-50)』『1929年日記』は こちらのページ で公開しています。



 これまでのトピックス                        これ以前のトピックスは [こちら]
2024/05/25らいてう忌 特別講座「同居時代の祖母、らいてうとの交流」を開催
講師:奥村 直史さん(らいてうの孫、心理療法士) 午後2時30分〜4時10分
 戦後の成城で三世代同居で育った孫の視点から祖母、平塚らいてうの素顔を語っていただきました。
詳しくは [こちらのチラシ]ご覧ください。
2024/04/272024年度「らいてうの家」オープン
オープニングセレモニー コールエコーの皆さんのコーラス、館内展示案内と学習会 他
詳しくは[らいてうの家通信70号]ご覧ください。
2024/04/01ニュース第125号、らいてうの家通信70号を発行
らいてうの会ニュース第125号 平塚らいてうと市川房枝が求めたものは今、シリーズ らいてうの家ができるまで 他
らいてうの家通信70号 らいてうの家 オープニングセレモニー、森の講座案内 他
2024/2/17らいてう講座「平塚らいてうと市川房枝が求めたものは今」を開催
講師:林陽子さん(市川房枝記念会女性と政治センター理事長)午後1時30分〜4時
詳しくは [こちらのチラシ] を、講演の概要や参加者の感想は [ニュース第125号] をご覧ください。
2023/01/01ニュース第124号、らいてうの家通信69号を発行
平塚らいてうの会ニュース第124号「永遠に失望しない」ために―学び考え語り行動を、森のめぐみ講座 他
らいてうの家通信69号 秋の森のめぐみ講座、多くのグループが来館、閉館に向け作業 他
2023/11/21〈声明〉イスラエルはガザのジェノサイドをやめよ 即時停戦を求め、連帯して行動を
イスラエル軍によるガザ地区への大規模攻撃に関し、即時停戦を求め、らいてうのこころざしを受け継ぎ、連帯して行動するという声明をまとめ、イスラエル大使館に送付するとともに公表しました。
*声明の全文は [こちら] をご覧ください。
2023/10/18平塚らいてうの会紀要第15号を発行
近世〜近代日本における売春観の変容について、『青鞜』と茅ヶ崎、らいてうと博史―今日の視点で考える「新しい女」と「新しい男」、「大正12年(1923年)日記断片」から見るらいてうと家族 ほか
 *表紙と目次は [こちら] をご覧ください。
2023/10/01ニュース第123号、らいてうの家通信68号を発行
平塚らいてうの会ニュース第123号 来館者が増えています、らいてう講座「今日の視点で考える らいてうと博史」他
らいてうの家通信68号 らいてう講座「『青鞜』に参加した長野の女性たち」、別荘住人夏のつどいに参加 他
2023/08/06上田真田らいてう講座 ジャズ演奏と一緒に歌おう
13:30〜 ジャズ演奏 ピアノ:奥村明史さん&ベース、フルート  会場:らいてうの家 参加費:500円
詳しくは [こちらのチラシ] を、当日の様子は [ニュース第123号] をご覧ください。
2023/07/01ニュース第122号、らいてうの家通信67号を発行
平塚らいてうの会ニュース第122号 総会報告、らいてう忌特別講座、らいてうの家オープンイベント 他
らいてうの家通信67号 らいてうの家今年の展示、森のめぐみ講座開催、2023年らいてう講座案内 他
2023/05/27〈声明〉らいてうのこころざしを受けつぎアジアと世界の平和のために行動を
第24回通常総会において、ロシアのウクライナ侵攻による歴史の転換点に立って、らいてうのこころざしを受けつぎ、日本を再び「戦争をする国」にしないために行動するという声明を採択し、公表しました。
*声明の全文は [こちら] をご覧ください。
2023/05/27らいてう忌 特別講座「結核療養所・南湖院と『青鞜』らいてう」を開催
講師:大島英夫さん(神奈川県茅ケ崎市史編集委員、県立高校非常勤講師) 午後2時30分〜4時30分
詳しくは [こちらのチラシ] を、当日の様子は [ニュース第122号] をご覧ください。
2023/04/292023年度「らいてうの家」オープン
オープニングセレモニー 地元の演奏家・高木夏子さんによるトロンボーン演奏、館内展示案内と学習会 他
詳しくは[らいてうの家通信66号]を、当日の様子は [ニュース第122号] をご覧ください。
2023/04/01ニュース第121号、らいてうの家通信66号を発行
らいてうの会ニュース第121号 通常総会とらいてう忌のご案内、茅ヶ崎から見るらいてう、2023年度企画展示 他
らいてうの家通信66号 らいてうの家 開館 4月29日、今年度の企画展示、オープニングセレモニー 他
2023/01/01ニュース第120号、らいてうの家通信65号を発行
平塚らいてうの会ニュース第120号 平塚らいてう・女性運動資料室開設、らいてう講座を開催、講座の感想から 他
らいてうの家通信65号 秋の森のめぐみ講座開催、閉館のための作業を実施、来館者の感想 他