タイトルイメージ
ホーム らいてうの会紹介 活動紹介 年  譜 グッズ書籍紹介 リンク
らいてうの家紹介 利用案内 ニュース 維持・協力会員 トピックス


●年譜

平塚らいてう


 1886(明治19)年2月10日東京生まれ。戸籍名明(はる)。女性が自由に生きられない社会に疑問を抱いたらいてうは、日本女子大学校進学後禅を手がかりに自分を見つめつづけ、やがて雑誌『青鞜』を発刊して「隠されてしまった我が太陽を取りもどそう」とよびかけます。恋愛も結婚も出産も自分の意思で決め、「後ろを振り向かない」姿勢は生涯変わりませんでした。第一次大戦後、女性の手で平和な世界を築こうと市川房枝らと新婦人協会を結成して女性参政権を要求、また消費組合運動にも参加しました。戦後は日本国憲法に共鳴して「世界平和アピール七人委員会」に参加、日本婦人団体連合会、母親運動、新日本婦人の会などに協力。信州あずまや高原は、若いころ信州に滞在して自然に惹かれたらいてうが、戦後「いつか野の花、野の鳥と親しみたい」と求めた土地です。らいてう自身は平和運動に忙しく、夢をはたさないまま1971(昭和46)年5月24日85歳で死去。「憲法を守りぬく覚悟」のよびかけが最後のメッセージになりました。

 平塚らいてうの年譜

西 暦 年               譜
1886年 2月10日 東京市麹町区三番町で父定二郎、母光沢(つや)の三女として誕生
1906年 3月 日本女子大学家政学部卒業
1911年 9月 『青鞜』発刊
1914年 家を出て奥村博史と共同生活
1918年 与謝野晶子らとの間に「母性保護論争」
1920年 3月 市川房枝、奥むめおらとともに新婦人協会結成、 機関紙『女性同盟』を発行。「婦人参政権獲得」をめざし、「治安警察法第五条」修正の議会運動をおこす
1922年 2月 「治安警察法第五条」修正案両院を通過
1929年 成城に婦人ばかりの消費組合「我等の家」を設立、理事長となる
1930年 高群逸枝らの無産婦人芸術連盟に参加
1931年 河崎なつ、石本静枝らとともに日本産児調節連盟を結成
1950年 6月 「非武装国日本女性の講和問題について希望要項」をガントレット恒子、野上弥生子、上代たの、植村環と連名で来日中のダレス米国務省顧問に手渡す
1952年 7月 高良とみ帰国報告中央婦人集会出席
1953年 4月5日 日本婦人団体連合会結成、会長に就任
6月 国際民主婦人連盟主催の世界婦人大会参加の運動を機に国際民婦連副会長
1954年 10月 水爆の製造・実験、使用禁止の「全世界の婦人にあてた日本婦人の訴え」を国際民婦連に送り、世界母親大会開催の原動力になる
1955年 湯川秀樹らとともに「世界平和アピール」を発表
12月 婦団連名誉会長となる
1962年 新日本婦人の会結成にあたり代表委員となり、その後顧問となる
1966年 ベトナム戦争終結のため深尾須磨子ら各界の代表的婦人とともにアメリカと参戦国婦人への反戦を訴える平和カードの波運動を展開
1970年 7月 ベトナムに「母と子保健センター」設立の運動を呼びかける
1971年 5月24日逝去。85歳

  

 これまでのおもな活動

1973年 自伝『元始、女性は太陽であった』完結
1992年  平塚らいてうを記念する会発足
日本女子大同窓会「桜楓会」らいてうの復権を決定
1998年  茅ヶ崎に平塚らいてう記念碑建立
2001年 平塚らいてうを記念する会は、NPO法人平塚らいてうの会へ
記録映画「平塚らいてうの生涯―元始、女性は太陽であった」(羽田澄子監督作品)完成
2006年 上田市真田町に「らいてうの家」完成